山形県立点字図書館

目次
図書館からのお知らせ
視覚障がい者情報交換会の報告
生活訓練事業の報告
移動点字図書館の報告
便利グッズのご紹介
みんなの広場
職員のフリートーク
<図書紹介>
デイジー図書(CD)
点字図書
テキストデイジー図書
サピエ図書館で人気の本のご紹介
編集後記
奥付

 

図書館からのお知らせ

*年末年始の休館について

点字図書館は12月28日(土)から1月5日(日)まで年末年始のお休みをいただきます。休み明けは貸出しが集中することが予想されます。なるべく早くお手元に届くようにいたしますが、お待ちいただく場合もございます。ご了承ください。来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

*点字図書館の登録について

毎年12月に「山新放送愛の事業団」から寄贈された点字カレンダーを点字図書館全登録者へ発送しておりますが、何名か住所不明で返送されてきます。電話等で確認を行いますが、電話も不通となっていますと連絡が取れない状態です。
点字図書館登録時の情報に変更が出た場合は、速やかにお知らせくださいますようお願いいたします。変更の届けがなく所在不明の方で、長期間図書等の利用がない場合は登録を抹消させていただきますのでご了承ください。

 

*2020年点字・墨字共用ポケットカレンダーを差し上げます

2020(令和2)年の点字・墨字共用ポケットカレンダーをご希望の方へ差し上げます。横16㎝縦9㎝の大きさの月めくりカレンダーです。白黒反転で見やすくなっています。先着10名となりますので、ご希望の方は図書館までご連絡ください。

 

*視覚障害者総合ネットワーク「サピエ」を利用してみませんか

皆さん、「サピエ」をご存じですか?「サピエ」は視覚障害者及び視覚による表現の認識に障害のある方々に対して点字、デイジーデータをはじめ、暮らしに密着した地域・生活情報などさまざまな情報を提供するネットワークです。
「サピエ図書館」では、音声などでもわかりやすいホームページから、点字データ約18万タイトル、音声デイジーデータ約7万タイトル、テキストデイジーデータ約2千タイトルがパソコンや携帯電話によってダウンロードできます。その他、マルチメディアデイジーやシネマデイジーのデータもあります。また、各館が所蔵する66万タイトル以上の膨大な資料が、オンラインリクエストなどによって利用できます。
パソコンや、スマートフォンなどをお使いの方は会員登録をしていただきますと、自宅での点字データ・デイジーデータなどのダウンロードや、資料の詳細な検索、新着図書情報等が得られます。いつでも利用できます。ご興味ある方は図書館までお問合せください。

また、「サピエ図書館」は会員でない方も図書の検索ができますので、ぜひお試しください。
「サピエ」ホームページ https://www.sapie.or.jp/

 

*シネマデイジーについて

前のページ「サピエ」の紹介のところで「シネマデイジー」とありましたが、お聞きになったことはありますか?
シネマデイジーとは映画本編の主音声に、登場人物の動きや場面の移動などの音声解説を加えたものを同時に聞けるものです。音声のみで映画の映像はありません。デイジー再生機でご利用いただけます。ただし、プレクストークTK300(キャディケースを利用するタイプのデイジー再生機)ではシネマデイジーを利用することはできません。
現在サピエ図書館に登録されているシネマデイジーの作品数は400タイトル以上にのぼります。
シネマデイジーの中で山形出身の藤沢周平氏の作品が原作となっている作品には「隠し剣鬼の爪」「たそがれ清兵衛」「蝉しぐれ」等があります。その他日本映画「男はつらいよ」「嵐を呼ぶ男」、外国映画「ローマの休日」「スター・ウォーズ」、アニメーション映画「となりのトトロ」「アナと雪の女王」等他多数ございます。「アマデウス」「ボヘミアン・ラプソディー」など音楽関係のシネマデイジーも、すごい迫力で堪能できると思います。ご不明な点は点字図書館までお電話ください。
※シネマデイジーのサピエ図書館で人気のランキングをご紹介させていただきます。

ダウンロードランキング トップ10
(2018年12月1日~2019年6月1日)
1位       終わった人
2位       疑惑
3位       警部補古畑任三郎 Disc 1[分冊3](1st season)
4位       動乱
5位       半沢直樹 Disc4
6位       戦場のメリークリスマス
7位       喜びも悲しみも幾歳月
8位       失楽園
9位       半沢直樹 Disc6
10位    神様のパズル

 

 

視覚障がい者情報交換会の報告

(川西町、米沢市、天童市)
今年度は7つの会場で情報交換会を行いました。10月以降の3会場の内容についてご紹介します。各会場で情報交換の他、市や町の福祉担当職員からの福祉制度などについての説明、トラストメディカルから機器についての説明がありました。

10月10日(木)川西町生きがい交流館での情報交換会では、視覚障がい者、関係者の方9名にご参加いただきました。ある参加者の方から、タクシー券の助成があるが、町の税金がもったいなくて使っていなかった、という声がありました。それに対して、町の福祉担当職員から、せっかくの福祉制度であるのでどんどん使っていただきたい、という話がありました。また、点字図書館のボランティアの方にもご参加いただいて、利用者の皆さんにおすすめの図書の紹介などもありました。


写真 川西町情報交換会       写真 米沢市情報交換会

10月24日(木)米沢市すこやかセンターでの情報交換会では、視覚障がい者、関係者の方18名にご参加いただきました。米沢市の福祉担当職員から障がい者福祉についての話がありました。米沢市以外の参加もあり、お互いに知っている福祉制度などについての情報交換も行われ、今まで知らなかった福祉制度の話を知ることが出来てよかった、との声がありました。

11月7日(木)天童市のパルテでの情報交換会では、天童市福祉担当職員から、福祉制度と、最近各地で頻出する災害の事もあり、洪水ハザードマップや防災ラジオの無償貸与等の話がありました。避難時に避難所までいけない人はどうしたらいいのか、という質問があり、それに対して避難行動要支援者への登録の話がありました。そのことの質疑応答の中で、天童市で発行しているヘルプカードが紙製で使いにくい、という意見が出たのに対して、東根市から参加していた点字図書館利用者の早坂実さんが、カードホルダーを買ってきて、使ってみてほしいと届けてくださいました。利用者の方同士の絆を感じました。
また、参加者からショッキングな話もありました。小学生が自分の家の前を通る時に口をふさいで通っているのでどうしたのか聞いたところ「目が見えないのがうつるから、あの家の前を通る時は口をふさいで通りなさい」と言われた、という話がでたのです。参加者からは無料法律相談のアドバイスなどもありました。皆で協力してこのようなことがない社会をつくっていきたいものです。


写真 天童市情報交換会

 

 

視覚障がい者生活訓練事業 防災講話の報告

11月10日(日)山形市保健所大会議室を会場に山形市視覚障がい者講習会『防災講話』を開催しました。
講師として宮城県視覚障害者福祉協会、狩野敏彦氏、山形市防災対策課から山形市防災アドバイザー、佐藤明氏をお招きし、ご講話いただきました。
狩野さんは東松島の自宅が全懐、震災当日の家族それぞれの行動や状況、家族全員が再会するまで40時間以上かかったこと、周りに家族や知人等亡くなった方が沢山いたため、再会してもお互いの無事を声に出して喜ぶことができなかったこと・・などなど、お話いただきました。また、日ごろからの備えについても説明がありました。
山形市防災アドバイザーの佐藤さんからは、近年山形県内で発生した災害や福祉避難所についてのお話しをいただき、大変有意義な講習会になりました。
参加者からは活発に質問が出され、時間が足りなくなるという大変申し訳ない点もありましたが、とても良い話が聞けた、もっとたくさんの人に聞いてほしかったとの感想もいただきました。


防災講話 写真

今年度の情報交換会と生活訓練事業は今回で終了となりました。参加していただいた皆様、また広報等のご協力をいただいた皆様、本当にありがとうございました。ご意見ご感想をお待ちしています。

 

 

移動点字図書館の報告

令和元年度の移動点字図書館は県内2会場で、点字・録音図書の紹介、便利グッズ等の展示、点字体験を行いました。
9月21日(土)長井市「ふれあい福祉まつり」、10月20日(日)山形県リハビリセンターで行い、たくさんの方が点字図書館のブースに足を運んで下さいました。
小学生を中心に、点字のしおりづくりに多数ご参加いただきました。皆、思い思いに自分だけのオリジナルの点字しおりを熱心につくっていました。中には、お母さんへのプレゼントでしおりをつくった人も!もらったお母さんはさぞやうれしかったのではないでしょうか。
点字図書や便利グッズの展示にも、たくさんの方に集まっていただきました。点字絵本に熱心に見入る子供さんや、福祉関係に興味のある大人の方まで幅広い層に興味をもっていただけたのではないかと思います。

 

 

便利グッズのご紹介

このコーナーでは、視覚に障がいのある方に便利な商品などをご紹介しています。
近年、過去にない異常気象や大災害に見舞われています。いつ起こるかわからない災害への備えは万全ですか?今回は災害時に役立つグッズをご紹介します。

 

「手回し/ソーラー蓄電ラジオChardio(チャージオ)」
価格 6,020円(税込み)

製品仕様
大きさ:幅157×奥行53×高さ74mm
重さ:310g(乾電池重量含まず)
付属品:単4アルカリ乾電池3本、本体充電用USBケーブル
受信周波数:FM 76-108MHz、AM 520-1710kHz
充電時間:手回し・・・約7時間(130~150回転/分) ソーラー・・・晴天直射時約70時間 USB・・・約4時間
充電池の連続使用時間:ラジオ約8~10時間、
懐中電灯・読書灯約16~20時間(フル充電した場合)
保証:1年
メーカー:株式会社クマザキエイム

製品の特長
災害時に役立つLEDライト付きAM/FMラジオです。ワイドFM補完放送にも対応しています。
本体に手回し用ハンドルやソーラーパネルがついているので、ハンドルを回すかソーラーパネルを太陽光にあてておくことで、内蔵の充電池に充電させることができます。
USB端子がついているので、パソコンを経由しての充電も可能です。乾電池で使用することもできます。
本体は横長の長方形で、右側面最下部にストラップが付いています。ストラップの先にはカラビナが付いているので紛失や落下の防止に役立ちます。また防水仕様なので多少の雨に濡れても安心です。
本体底面左側にはSOSアラームスイッチがあり、スイッチを一番左にずらすと警報音が鳴ります。スイッチを一番右にずらすと携帯電話・スマートホンなどの外部機器を充電池から充電できます。
音声(一般CD)の取扱説明書あり。

 

「非常用トイレ ケアバッグ(便器用)」
価格 3,300円(税込み)

製品仕様
大きさ
箱・・・幅200×奥行110×高さ115mm
ケアバッグ1枚・・・縦650×横400×厚さ0.05mm
重さ:795g
枚数:20枚
メーカー:クリニス株式会社

製品の特長
災害時や突然の停電などによる断水時に頼りになる、洋式便器用の中敷きのビニール袋です。
1枚当たり650×400mmの大きさにもかかわらず、20枚の袋がトイレットペーパーのようにロール状になって小型の箱に入っていますので保管時にも場所をとりません。
使い方は箱からロール状になった袋を引出し、ミシン目で切り離します。袋を広げて便座を上げて便器にかぶせます。中にはあらかじめ吸水性パッドが一枚入っていますので、底面にくるようにセットし、便座をおろして使用します。吸水性パッドは便や尿を500mlまで30秒ほどで凝固化し、不快な悪臭を軽減します。使用後はバッグについているビニールひもを縛って密封して家庭用のゴミとして処分できます。
音声(一般CD)の取扱説明書あり。

商品のお問合せ・ご注文は、日本点字図書館「わくわく用具ショップ」 03-3209-0751へお電話ください。
他にご希望の商品がありましたら、ご相談ください。

 

 

みんなの広場

「東北盲人福祉大会に参加して」
利用者 伊沢 恵さんより
11月4日、5日と山形市ヒルズサンピアで行われた東北盲人福祉大会に参加してきました。盲導犬ユーザーは私を含め4人と少ない印象でした。
初日、私が参加したのは、視覚障がい者の職業についてのシンポジウムでした。印象に残ったのは、生まれつきの全盲で、プロのレコーディングエンジニアとして現在勉強中の青年の話でした。目が見えなくても自由に職業を選べる、ということはこれからの社会で必要になるのではないか、と思いました。
二日目、全盲の弁護士、竹下義樹さんの講演がありました。パラリンピックなどで華やかに活動している人だけが注目される社会はおかしく、どんな人にもチャンスある社会が本当の社会だ、との言葉が印象に残りました。

図書館から
大会ご参加の感想、ありがとうございます。貴重なお話がいろいろと、聞けたことがうかがえました。
どうしても、テレビに映るパラリンピックの選手などに世間の目はいきがちだと思いますが、それぞれの立場でみんながんばっているんだ、ということをあらためて気づかせてくれるお便りでした。

 

「『暮しの手帖』を愛読して」
利用者 和泉 利子さんより
「暮しの手帖」は昔から愛読していて、他の雑誌とは一風変わった面白さを感じてきました。料理のレシピは、華やかなものや世界中の様々なものまで紹介される昨今、「暮しの手帖」は古くからある干物や豆の扱い、無駄のない食材の使用法などを紹介していて、昔からの理念が脈々と受け継がれている事を感じます。

図書館から
雑誌も今は売れない時代となり、読者の目を引くものを載せがちですので、「暮らしの手帖」のような雑誌は本当に貴重ですね。
昔からの日本の文化を大事にしたい、との思いが伝わるお便り、ありがとうございました。興味持たれた方はリクエストお待ちしています。

 

音訳とテキストデイジー
テキストデイジー、音訳ボランティア 堀越 雅恵
テキストデイジーが普及しはじめたころ、「録音図書は遠からず人工音声にとって替わられ、音訳者の仕事は図や写真説明の作文だけになってしまうのではないか…」と思われたことがありました。テキストデイジーがさらに普及した今、1つのタイトルに音声デイジーとテキストデイジーの両方を作るのが通常となり、2つは平和に共存しているようです。
人工音声は日々進歩していますが、人の声が持つ表現力・伝える力・あたたかさには到底及ぶことはなく、人の声のデイジーは今後も無くならないと私は思っています。
一方で、テキストデイジーの特性である製作時間の短さには、別の期待を抱きます。早く作れることで製作数が増え、蔵書の幅を広げることです。例えば主要な新書や文庫は出版される全てが作られるようになる…。それは利用者の選択の幅を豊かにする、素敵なことではないでしょうか。
そんなことを考えながら、今後も音訳とテキストデイジーの両方に携わってコツコツと図書を作っていきたいと思っています。

 

 

職員のフリートーク

みなさんこんにちは。点訳担当をしています指導員の岡田由希です。
5月1日、平成から令和に元号が改元されました。それから早7カ月が経とうとしています。改元に伴い、さまざまな皇室の行事が執り行われました。
昭和から平成に変わった時にも、同じような行事は行われたのでしょうが、今回の改元とは違い、日本中が喪に服した中での行事だったように記憶しています。当時私は学生で、あまり関心もなく、一連の行事を全く目にすることはありませんでした。
今回行われた一連の行事の中で特に10月に行われた即位の礼は、平安絵巻でも見ているかのような光景に、まるでタイムスリップでもしたかのような感覚でテレビを見ていました。
さて今回私が紹介したい1冊は『陛下、今日は何を話しましょう』アンドルー・B・アークリー著、点字2冊、デイジー製作予定です。
著者は学習院高等科の留学生としてオーストラリアから来日し、陛下と“お友達”になって思春期の貴重な時間を共に過ごされました。
「じぃ」これが高等科時代、陛下の秘密のあだ名であったこと等、友人しか見ることのできない陛下の一面やエピソード、そばで見ていたからこそ感じた事、外国人の視点でみた日本の皇室のことなど、私たちの知り得ることが出来ないことが満載の1冊です。
ご興味のある方は、是非ご一読ください。

 

 

〈図書紹介〉

デイジー録音図書(CD)29タイトル、点字図書16タイトル、テキストデイジー図書 4タイトルを紹介します。
紹介図書の始めに番号をつけましたので、リクエストの際は番号をお伝えください。

デイジー図書(CD)

1 公開法廷 -一億人の陪審員
一田 和樹 著  原書房  9時間56分
20XX年、日本。ネット投票による国民総陪審員制が開始。このシステムが超管理社会への第一歩になるとは思いもしなかった。予言のような、近未来の物語。

2 すぐれたリーダーに学ぶ言葉の力
斉藤 孝 著  日本経済新聞出版社  6時間29分
歴史を動かし、世界を変えたリーダーたちの言葉は、どういう経緯で紡ぎ出されたのか。リーダーが残した名言をもとに、リーダーシップの本質に迫る。

3 およしおばんちゃの昔話十二ヶ月 -曾孫に語り継いだ
小林 幸子 著  日本図書刊行会  2時間44分
話上手な曾祖母から泉のように湧き出し、独特な調子で語られる昔話。明治うまれのおばんちゃが聞かせてくれた姿を思い出しつつ書き留める。

4 斗星、北天にあり
鳴神 響一 著  徳間書店  11時間11分
国造りこそ、最大の防衛策なり!東北最大の湊を造り、信長・秀吉とも誼を通じた男の野望、葛藤、そして恋…。秋田の礎を築いた智将、安東(あんどう)愛(ちか)季(すえ)に迫る歴史巨編。

5 「朝がつらい」がなくなる本 -ぐっすり眠るすっきり起きる習慣術
梶村 尚史 著  三笠書房  4時間34分
横になってすぐに寝るには?ぐっすり眠って疲れを取るには?すがすがしい気分で目覚めるには?睡眠タイプ別の「朝に強くなる」方法を大公開!

6 心を磨く -中村天風講演録
中村 天風 著 天風会 監修  PHP研究所  10時間05分
人間は本来運命や病に負けるような弱いものではなく、どんな困難をも乗り越える力がある。中村天風が人間の本質について、軽妙な語り口で説く。

7 TupperwareBrands 55th ANNIVERSARY COOK BOOK -毎日の食卓から
タッパーウェアブランズ・ジャパン株式会社 著  3時間20分
タッパーウェアブランズ・ジャパン55周年を記念して、自慢のレシピを1冊の本にまとめた。毎日のおかずから、スイーツまで約100レシピを掲載。

8 ゆるキャラの恐怖(桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活3)
奥泉 光 著  文藝春秋  8時間24分
クワコーが帰ってきた!「日本のジーヴズ」と讃えられるユーモアミステリ不屈のカムバック。次なるミッションは「ゆるキャラ」だ!

9 スノーデンが語る「共謀罪」後の日本 -大量監視社会に抗するために(岩波ブックレットNo.976)
軍司 泰史 著  岩波書店  2時間32分
米国による大規模な個人情報収集の実態を告発した元CIA職員スノーデン。市民のための自由な社会を取り戻すために、何をすべきかを問う。

10 アメリカ人が伝えるヒロシマ -「平和の文化」をつくるために(岩波ブックレットNo.944)
スティーブン・リーパー 著  岩波書店  2時間18分
外国人初の広島平和文化センターの理事長になった著者が、自らの半生を振り返りながら、被爆者への思い、世界平和のリーダーとしての日本への期待を語る。

11 死ぬなら、京都がいちばんいい
小林 玖仁男 著  幻冬舎  3時間21分
難病で余命わずかとなり、住居と仕事を捨てて、日本で最も好きな街・京都へと移り住んだ著者。死ぬ前の時間をどうするか、その考え方と具体策を綴る。

12 かぼちゃスープと収穫祭の男(スープ専門店3)
コニー・アーチャー 著 羽田 詩津子 訳  原書房  11時間05分
スープ店が舞台のコージーミステリ!身元不明の遺体、7年前の未解決事件、そして若い恋人たちの過ち。多くの謎とともに収穫祭の幕が開く!

13 教養として学んでおきたい仏教
島田 裕巳 著  マイナビ出版  4時間10分
仏教について学ぶ。それが、この本の目的です。宗教学者の島田裕巳先生に、どう学んでいけばいいのかを解説していただきました。

14 新・浪人若さま新見左近(三) -夫婦剣
佐々木 裕一 著  双葉社  6時間10分
米問屋のあるじばかりを狙った辻斬りが現れた。左近は、中年の夫婦が闇将軍のことを口にしていたのを知り、小五郎(こごろう)に夫婦を調べるよう命じる。

15 本当の自分に気づく奇跡の言葉
心屋 仁之助 著  大和書房  2時間06分
心の持ち方ひとつ、言葉ひとつで、あなたの人生にきっと奇跡が起こる!個性を生かして性格を変える心理カウンセラーが贈る、言葉の処方箋。

16 日本一の個人投資家が教えるお金と福に好かれる「原則」
竹田 和平 著  サンマーク出版  4時間45分
どんな時代であってもお金に翻弄されず、豊かさと幸福がふりそそぐ人とは?「日本のバフェット」とも言われた著者が、お金と人生についてとことん語る。

17 電車を止めるな! -呪いの6.4km
寺井 広樹 著  PHP研究所  3時間49分
倒産寸前の電鉄が起死回生の心霊電車イベントを実施するが、ヤラせが発覚してネットで大炎上。だがその時、本物の心霊現象が!?

18 ヘッポコ征夷大将軍
長谷川 ヨシテル 著  柏書房  11時間20分
天下人の残念&ほっこりエピソード満載!歴代将軍の姿を通じて読み解く日本史!教科書ではわからない、将軍39人の知られざる肖像!

 

(厚生労働省委託)

19 ブロンテ姉妹(人と思想128)   青山 誠子 著 9時間04分

20 レイチェル=カーソン(人と思想137) 太田哲男著 7時間53分

21 ラス=カサス(人と思想143)   染田 秀藤 著 7時間43分

22 吉田松陰(人と思想144)     高橋 文博 著 9時間55分

23 パステルナーク(人と思想145)  前木 祥子 著 8時間25分

24 パース(人と思想146)      岡田 雅勝 著 7時間38分

25 南極のスコット(人と思想147)  中田 修 著 8時間54分

26 アドルノ(人と思想148)     小牧 治 著 7時間34分

27 グーテンベルク(人と思想150)  戸叶 勝也 著 7時間25分

 

(寄贈)

28 私たちの税金 令和元年度版    国税庁広報広聴室 2時間18分

29 食料・農業・農村白書 平成30年度 農林水産省 編 1時間03分

 

点字図書

1 親友
川端康成 著  小学館  全3冊
同い年で同じ誕生日のめぐみとかすみ。親友のふたりだが、些細なことで行き違い…。川端文学「幻の少女小説」を60年ぶりに復刊。川端が『セウガク一年生』に寄稿した「樅ノ木ノ話」、川端の娘婿・川端香男里の解説も収録。

2 答えは自分の感じた中にある
星野 文紘 著  家の光協会  全2冊
何もかも答えを出さなくてもいい。考える暇があったら、動けばいいよ。そして感じるままに生きればいい-。羽黒山伏の著者が、修業を通じて会得した気づきの数々を伝える。

3 痛快!天才キッズ・ミッチー
宗田 理 著  PHP研究所  全2冊
出版プロデューサー志望のミッチーは、不思議堂古書店の一人娘で小学生。ミッチーが店番のかたわら、原稿の助言をしている栗原に、古書店の倉庫から見つかった幕末裏面史の資料をネタにして小説を書くよう勧めるが…。

4 がんに生きる
なかにし 礼 著  小学館  全3冊
がんは人間の目覚めの友であり、再成長のパートナーである。がんにかかる前と、かかった後とでは、自分自身が歴然として変わる-。2度のがん闘病を経た著者が、到達した境地を綴る。

5 ラスト・セメタリー
吉来 駿作 著  幻冬舎  全6冊
葛西の家の裏にある“死にながらの森”には、死者を復活させる洞窟“キタイ”がある。ある日、高校の仲間ハルを守って葛西が死ぬと、深町たちは死体を運び儀式を行った。仲間の誰かの体に呼び戻すために。誰の体で葛西は復活するのか!?18年後、彼は高校生の姿で現れ、次々と女を犯し、仲間を殺す。恐怖と友情と恋が交錯する青春ホラー。

6 あの家に暮らす四人の女
三浦 しをん 著  中央公論新社  全5冊
謎の老人の活躍としくじり。ストーカー男の闖入。いつしか重なりあう、生者と死者の声-古びた洋館に住む女四人の日常は、今日も豊かでかしましい。ざんねんな女たちの、現代版「細雪」。

7 原発サイバートラップ
一田 和樹 著  集英社  全5冊
韓国の原発がハッキングされ、放射性廃棄物をつり下げた気球が空に浮かんだ。犯人の要求は、竹島の独立。日本海沿岸の原発が破壊されれば日本が最大の被害を受けるが…。日韓にアメリカ軍需企業の思惑も交差する事件の行方は?

8 私のプロ野球80年史
野村 克也 著  小学館  全4冊
プロ野球界で起こった出来事の大部分を、当事者として体験、あるいは見聞きしてきた野村克也が、プロ野球80年を振り返る。野村克也の人生秘話と、日本プロ野球80年の知られざるエピソードが満載。

9 神様が教えてくれる人生100年時代の幸せな生き方 
木村 藤子 著  KADOKAWA  全2冊
待ち受ける運命に気づき、自分の心、仲間、家族、大切な人たちと共に、どう生きるのか? 人生100年時代をより充実したものにするために、どうしたら負の連鎖を断ち切ることができるのかを紐解く。

10 京の縁結び縁見屋と運命の子
三好 昌子 著  宝島社  全4冊
謎の法師に襲われたところを不思議な少年に助けられたが、11年後に再会した彼は言葉を話さなくなっていた。ある日、父が描いた辻斬りの芝居絵に酷似した殺人現場が発見され…。「縁見屋の娘」シリーズ第2弾。

11 向田理髪店
奥田 英朗 著  光文社  全4冊
かつては炭鉱で栄えたが、すっかり寂れ、高齢化が進む北海道苫沢町。理髪店を営む向田は、札幌で働く息子の「会社を辞めて店を継ぐ」という言葉に戸惑うが…。過疎の町の騒動と人間模様を温かくユーモラスに描く連作集。

12 ことぶき酒店御用聞き物語
桑島 かおり 著  光文社  全3冊
とある温泉街の酒店を継いだ寿ミツル。彼女が旅館一軒一軒に注文を取りに回る昔ながらの御用聞きを続けているのは、旅館を守る屋敷神の用事に応じるため。あるとき新進気鋭の「サクラリゾート」がオープンし、街は大騒ぎに…。

13 ムーンナイト・ダイバー
天童 荒太 著  文芸春秋  全4冊
震災から4年半が経った地で深夜の海に潜り、被災者たちの遺留品を回収する主人公。家族や恋人を亡くした人々を募っての会員制による活動だが、ある日、ひとりの女性から、亡くした夫の指輪を探さないでほしいと言われ…。

14 怖くて眠れなくなる科学
竹内 薫 著  PHP研究所  全2冊
記憶はウソをつく、人食いバクテリアの恐怖、人類滅亡の可能性、信じると危ないニセ科学…。サイエンス作家が様々なトピックスを取り上げ、知ってはいけない科学の「こわーい」世界を紹介する。

15 縄文漆工芸のアトリエ
水戸部 秀樹 著  新泉社  全2冊
赤漆を全面に塗り、黒漆で渦巻を描いた見事な彩漆土器。その完成品が8点も出土した押出遺跡とは、縄文時代、どんな場所だったのか。山形の遺跡から新たな縄文集落像を追究する。

16 知事の世界
東国原 英夫  著  幻冬舎  全2冊
トップの交代でここまで変わる。東国原知事の誕生で息を吹き返した宮崎県。メディアを使った巧みなPR、組織改革…。知事のもつ影響力とは何か? 宮崎県を地方変革と日本再生の新しいモデルにした知事の全貌がわかる!

 

テキストデイジー図書

テキストデイジーはサピエからダウンロードでの利用となります。

1 2週間、小麦をやめてみませんか? 
フォーブス弥生 著  三五館  全1巻
過剰な食欲の抑制、美肌効果、集中力の高まりなどが実感でき、体調不良を抱える人がそれを改善したり、健康な人がさらに健康になり、パフォーマンスを進化させるためのグルテンフリーを紹介する1冊。どうしても「面倒くさい」「つらい」「美味しくない」というマイナスイメージで語られがちですが、いくつかのポイントさえ押さえてしまえば案外カンタン。グルテンフリー生活を〝美味しく”〝楽しく”〝素敵な”新習慣として提案する。

2 好日日記―季節のように生きる
森下 典子 著  パルコ  全1巻
映画化もされたロングセラー「日日是好日」待望の続編!お茶を通して成長した著者とともに、「茶室」で季節と一体になることができるシンクロの世界。味わい深い著者のイラスト満載、待望の書き下ろしノンフィクション。

3 バウムクーヘン
谷川 俊太郎 著 ディック・ブルーナ イラスト ナナロク社  全1巻
谷川俊太郎の最新詩集。著者の自選による、初収録のひらがな詩46篇を収録。装画は、「ミッフィ―」のディック・ブルーナ氏による鮮やかな花の絵。

4 99歳、ひとりを生きる。ケタ外れの好奇心で
堀 文子 著 三笠書房  全1巻
70歳で単独イタリアに移住。77歳でアマゾン。81歳で5千メートルのヒマラヤ麓へ取材に・・・。磨き上げた感性で前進し続ける芸術家、そして人生の達人。その凛とした生き方、考え方に、作品・アルバムにふれながらひたる堀文子の世界。極上の時間が詰まった一冊。

 

 

サピエ図書館で人気の本のご紹介

10月中旬~11月中旬のオンラインリクエストのランキングです。デイジー図書と点字図書、それぞれ順位・書名・著者名・出版者の順です。

デイジー図書ランキング

1位 春淡し 吉原裏同心抄 6
佐伯 泰英 著 光文社
廓を御する吉原会所の次期頭取候補と目される神守幹次郎を狙い、送りこまれる刺客。危機を覚えた幹次郎は、故郷の豊後岡藩藩邸を訪れるとともに、ある決意を固める。吉原百年の計を思い、幹次郎の打つ、新たな布石とは?

2位 あきない世傳 金と銀 7 碧流篇 
高田 郁 著 角川春樹事務所
大坂天満の呉服商「五鈴屋」の7代目店主となった幸は、亡き夫との約束でもあった江戸に念願の店を出した。考え方も着物の好みもまるで異なる江戸で果たして、幸たちは「買うての幸い、売っての幸せ」を実現できるのか。

3位 マスターしようPC-Talker10のショートカット-応用編
ラビット 編  録音書き下ろし
スクリーンリーダー「PC-Talker10」には、独自のショートカットがたくさんある。PC-Talkerの起動や終了、音量や速度の変更などショートカットの操作だけを集めた教材。

4位 年金だけでも暮らせます
荻原 博子 著  PHP研究所
やらないことを決めれば、年金だけで暮らせる!年金制度の仕組みや活用方法、生活費等の出費の切り詰め方など、定年後に向けて知っておきたいお金との付き合い方を伝える。介護・医療費のお悩み解決法も掲載。

5位 鎖鎌秘話 若鷹武芸帖
岡本 さとる 著 光文社
将軍家斉から武芸帖編纂所頭取を命じられた鷹之助。そこへ訪ねてきた火付盗賊改を務める幼なじみの要之助から、上司が不審な死を遂げたことを聞き、鷹之助は編纂所の仲間と調べ始めるが…。

点字図書ランキング

1位 希望の糸
東野 圭吾 著  講談社
ある殺人事件で、捜査線上に浮上した男性。災害で二人の子どもを失った彼は、深い悩みを抱えていた。容疑者たちの複雑な運命に、若き刑事が挑む。

2位 一切なりゆき 樹木希林のことば
樹木 希林 著  文芸春秋
名女優が語り尽くした生と死、演技、男と女。さまざまな雑誌に掲載された樹木希林の言葉をまとめる。ユーモアと洞察に満ちた希林流生き方のエッセンスが満載。樹木希林年譜、内田也哉子による喪主代理の挨拶も収録。

3位 そして、バトンは渡された
瀬尾 まいこ 著  文芸春秋
森宮優子、十七歳。継父継母が変われば名字も変わる。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた。瀬尾まいこにしか描けない優しい物語。2019年(第16回)本屋大賞受賞作。

4位 少女ポリアンナ
エレノア・ポーター 著 菊島 伊久栄 訳 偕成社
父親からおそわったゲームで,苦しみを喜びにかえてしまうポリアンナ。かたくなな叔母さんの家を暖かい花園にかえるまでを描く。感動の名作。

5位 九十歳。何がめでたい
佐藤 愛子 著   小学館
人間は「のんびりしよう」なんて考えてはダメだということが、九十歳を過ぎてよくわかりました-。御年九十二歳、もはや満身創痍の佐藤愛子が、ヘトヘトでしぼり出した怒りの書。『女性セブン』連載を書籍化。

 

 

編集後記

今号が皆さんのお手元に届くころには、世間は令和最初の年末年始を迎えていると思います。今号には、いつもの図書紹介の他にシネマデイジーの紹介を載せてみました。年末年始、時間のある方はぜひサピエでチェックし、体験してみてはいかがでしょうか。また、今回も、盲人福祉大会の感想や、図書の感想など素敵なお便りを紹介できました。皆さんもぜひ、伝えたいことや図書の感想などを図書館だより担当の西田までお寄せください。心より、おまちしています。

 

 

「図書館だより」179号

発行日  令和元年12月27日
発行  山形県立点字図書館
〒990-0031 山形市十日町1-6-6
電話 023-631-5930
FAX 023-627-1118
メールアドレス yamaten@ic-net.or.jp
「図書館だより」の内容についてのお問合せや、リクエストなどお気軽にお電話ください。

2019/12/27/