☆令和元年度 第2回 青壮年のつどい「陶芸体験と郷土料理を楽しむ会」を開催いたします。

今回は、山形市にあります約200年の歴史を持つ「平清水焼(ひらしみずやき)」の伝統を守り続ける窯元のひとつ「七右エ門窯(しちえもんがま)」で陶芸体験を行い、ランチは、大正ロマンを感じさせる「山形まるごと館 紅の蔵」にて地産地消をテーマにしたクラシカルなフレンチをいただきます。

この青壮年のつどいは、若者が誘い合い、親睦と交流の輪を広げることを目的としております。

お一人でのご参加、また、初めての方のご参加も心よりお待ちしております。

 

日  時:令和元年11月10日(日)

集合時間:9:00まで山形県リハビリセンターに集合いただき、福祉バスで七右衛門窯に向かいます。

参  加  費:お一人様 3,000円

申込締切:令和元年11月1日(金)

申込資格:20歳~60歳までの身体に障がいをお持ちの方、その付き添いの方

定  員:20名(福祉バス定員による)

問合せ・申込み : 社会福祉法人山形県身体障害者福祉協会(担当:柏倉)

〒990-2231 山形市大字大森385

TEL023-686-3690、FAX023-686-3723

青壮年専門委員会_陶芸体験チラシ

2019/10/24/